漢本草精油”神気” 五行シリーズ開(Kai)

肺経に作用するため、呼吸器系を整え清々しい呼吸を取り戻します。
呼吸器系の自然療法に使用されます。

購入はこちらから
成 分
辛夷、ヒマラヤンシダーウッド、ケイガイ、ユーカリ
帰 経
肺経、大腸経
使用方法
2~3滴を鼻の両側に塗布し、軽くマッサージしてください。
アロマポットを使用する場合は3~5滴が適量です。
  • 100%精油
  • ディフューザー

経絡マッサージ

神気漢方精油「開」は呼吸器系の日常お手入れのために、神気漢方精油「脈」を加え、面積の広い経絡マッサージに用いてもよい。
経絡マッサージの部位と重要なツボは次の通り

経絡マッサージ参考図 経絡マッサージ参考図
頭部・首部迎香のツボ(小鼻の横、鼻脣溝中)、印堂のツボ(眉と眉の中間)及び太陽のツボ(眉と目尻の中間の少し後ろ外側)、風池のツボ(首の後ろ髪の生え際の下で、首の大きな筋の両側を押さえると、痛感を感じる場所)を押さえてメッサージします。
手部肺経マッサージは、鎖骨の下方から親指ツメの外側まで行われますが、特に、尺沢のツボ(肘のしわの上の外側から三分の一のところ)、太淵のツボ(手首の親指側、脈を打っているところ)、少商のツボ(親指ツメの付け根の外側の角から約2mmのところ)を押さえてマッサージします。
背中部両肩甲骨間の区域に塗布しますが、特に、風門のツボ(背肩部、第二胸椎棘突起下で左右約指幅2本分ほどのところ、肩甲骨の上縁に平行)、肺兪のツボ(風門のツボの下方、第三胸椎棘突起下で左右約指幅2本分ほどのところ)、大椎のツボ(首を前に曲げると、首と背中の境にある最も大きく飛び出る背骨の下のくぼみ)を押さえてマッサージします。
胸部喉頭から心臓あたりの局部に塗布し、天突のツボ(胸骨上部のくぼみの真ん中)、中府のツボ(鎖骨外端下のくぼみから指幅二本分下あたり)、雲門のツボ(肩の大きな関節の根元より、やや胸側に向かった鎖骨の下のくぼみ)を押さえてマッサージします。
ページトップに戻る