オイルの呼び方の違いについて

2017.06.08News

オイルの呼び方の違いについて

 

**********

 

漢本草精油”神気”にはエッセンシャルオイルとキャリアオイルがあります。
その違いについて今回は説明します。

 

エッセンシャルオイルとは、植物の花や果実の皮、樹皮、葉、種子などから抽出した100%天然の揮発性オイルです。
水に溶けにくく、アルコールや油脂に溶けやすい親油性であるため「オイル」と名がついていますが、厳密には油ではなく高濃度の有効成分を含んだ芳香物質です。
神気シリーズでは、開・定・昇がエッセンシャルオイルです。
エッセンシャルオイルを原液のまま使用することは危険なため、キャリアオイル等で希釈してご使用ください。

 

キャリアオイルとは植物から抽出された植物油のことです。肌になじんでエッセンシャルオイルを全身に運ぶ(Carry)のでキャリアオイルという名前だそうです。
神気シリーズでは脈がキャリアオイルに該当します。
また、オリーブオイル・ホホバオイル・椿オイル・アルガンオイル・ココナッツオイルなどもキャリアオイルになります。

 

また、アロマオイルと一般的に言われているものは、植物由来の天然香料や精油、合成香料を植物油や鉱物油で希釈したものをさすことが多い。
合成香料を含むオイルはアロマテラピーのマッサージ等では使用されず、香りを楽しむものになります。
肌に塗っても大丈夫という但し書きがない【アロマオイル】に関しましては、肌荒れの原因になってしまうことがありますのでご注意ください。

 

神気シリーズの理・采・振・軽・実・緩は植物から抽出された高濃度の有効成分を含む芳香物質をキャリアオイルで希釈してあります。
ですので、アロマオイルと呼ばれる分類になりますが、合成香料や鉱物油を使用しておりませんので、お肌に塗っても問題のないアロマオイルになっております。
安心して肌につけてマッサージをお楽しみください。

 

 

ページトップに戻る